ポストコロナを生きる

はじめに…

東日本大震災から10年が経ち、今もなお国難が続いています。特に、昨年から続く新型コロナウイルス感染症の流行により、政治、経済、文化、教育など、全ての分野において影響がありました。しかし、それをきっかけに価値観や行動様式の転換が起きています。この転換を前向きに捉え、地域の発展のために運動・活動することが青年世代の役割であると考えています。

今回の「コスモス広場」では、会津喜多方JCのポストコロナに対する考え方やこれからの運動について、計4回に渡り掲載していきます。読んでくださった方が、地域の未来を考えるきっかけになれば幸いです。

コスモス広場とは・・・

会津喜多方JCの現役会員の地域に対する考えや運動を、市民の皆様に発信する広報紙。今年度はWEB版としてホームページに掲載。

5、7、9、11月の4回掲載予定。

※JC=青年会議所

ポストコロナとは・・・

世界的な新型コロナ感染拡大を境に、価値観や行動様式の転換が起き、社会に定着する期間を指す。

第1回 新型コロナが私たちにもたらしたもの

こちらからどうぞ

第2回 喜多方のポストコロナ①~旅館業から見たコロナ禍と喜多方の未来~

こちらからどうぞ

第3回 喜多方のポストコロナ②~心と向き合う~

こちらからどうぞ