会津喜多方青年会議所は1日、喜多方市社会福祉協議会と「災害時相互支援協定」を締結しました。

会津喜多方青年会議所は1日、喜多方市社会福祉協議会と「災害時相互支援協定」を締結しました。県内のLOMでは4番目。
災害時に被災状況を迅速に的確に把握し、効率的・効果的に災害ボランティア活動を展開するのが目的です。被災地の情報とニーズを把握し、救援物資の調達・保管・配分につなげます。今後は年一回以上、会議を開き合同訓練や研修も実施していきます。
調印式では佐藤雅一理事長と武藤顕夫会長が署名しました。見届け人として遠藤忠一市長が出席されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です